❤️‍🔥〜小林先生〜 | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2023年 1月 25日 ❤️‍🔥〜小林先生〜

こんにちは。

みんな元気ですか!共通テストもおわり、着々と二次試験が近づいてきましたね。緊張してますか??

この時期ってほんとに人それぞれだと思います。共通テストがうまくいった人は自分に自信がつき、やる気になっているでしょう。共通テストがうまくいかなかった人、凹まないで。ラッキーとでも思ってください。ここからの努力でいくらでも挽回できます。共通テストで緊張を知った人、焦ってしまった人それぞれいるよね。落ち着いて絶対諦めるな。それにつきます。

今日わたしが伝えたいことは3つあります。

ひとつめ!

わたしも共通テストがうまくいった人ではなくて、まあ思ってたよりは耐えたかなくらいでした。なんか本番で力が出しきれなかったんですよね、焦ってしまって。でも凹まなかったです。絶対早稲田にいってやるの気持ちでした。とにかく私大対策をしました。早稲田の受験する5学部の過去問はそれぞれ7年分以上は2周しました。併願は明治政経も5年以上はしました。とりあえず問題を解いて復習して、穴を埋めての作業だったんです。ここの勢いがなかったらきっといまの学校にも受かってなかったんじゃないかなと思います、この時期もう無理だなと思ったら一気にどん底いっちゃいます。できるできると自分を鼓舞してください。不安で不安で仕方ないよね、その気持ちは痛いほどわかります。わたしもほんとに不安で仕方なくて1人で泣いた時期もありました。泣いてすっきりできるならいくらでも泣いてください。担任でも助手でも、たくさん相談してください。わたしたちはできる限りでみなさんの背中を押します。

ふたつめ!

あとはわたしが伝えたいこととして、他の担任助手の先生たちがどう思ってるかはわかりません。みなさんの受験が終わってわたしが1番楽しみにしている報告は、志望校に合格した!受かったよ!!とかそういう言葉ではないです。もちろんそのような言葉を聞けたら何よりも嬉しい。でも、1番伝えて欲しいことは、“自分のベストを出し切れた。やり切った。“この言葉です。いままでこんなにたくさん受験勉強をしてきて、自分が満足できた試験を終えなきゃ意味がないんです。それは合格という達成だけではないと思います。今までの自分のやってきたことも気持ちも解答用紙に全てこめてそれで初めてやり切った、といえます。焦って焦って何もできなかった。それが1番悔しいと思います。みなさんの清々しい顔を校舎で見るの楽しみです。

3つ目!

前も行ったと思うのですが、わたしは早稲田志望で早稲田を行く未来しか見えてませんでした。だけど、全滅。これほどつらいことはきっとこの先にないくらいの絶望感を味わいました。浪人も考えました。そんな時にわたしの父親がいってきたんです。

お前は力を出し切ったんだったらもう明治に行け。明治が合格をくれたんだからそれをありがたいと思え。

と言われました。腑に落ちませんでした。わたしが1番早稲田に行きたくて早稲田への思いがあるのにと悔しくてたまらなかったです。けれどよく考えればわたしはやれることはやったしもうやり切った感が心のどこかであったんです。だから、胸を張って明治に行こうと思いましたし、思えました。

東大、早慶、などトップ高はそりゃかっこいいです。かっこいいけど、明治だってかっこいい。みんなが全力で戦って得た結果、その学校はがちでかっこいいから。

そこまで気負わないで頑張ってほしい。ほんとに応援してます。がんばれ。

明治大学政治経済学部1年 小林光凜