復習にも、一工夫を~村本先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 24日 復習にも、一工夫を~村本先生~

どうも、大学入ってから行動範囲が30分圏内の村本です。
 
今回は模試から二次私大過去問まで受験期に行なっていた復習法について紹介したいと思います。
 
 
 
まずは、英語から‼︎
文法問題や長文を解いていて、知らない単語・熟語に出会うことはよくありますね。自分はその都度、ルーズリーフにまとめていました
 
 
 
 
ここで重要なのが、2行開けることです!
 
 
 
 
仮に、2行空けないと…
 
 
 
 
 
 
窮屈に見えてしまいますね
実際、1行しか空けていないと他の単語が視界に入ってきて一つ一つの単語に集中できませんでした。
 
次は世界史
 
 
 
 
社会科目って地図問題がよくありますよね…
そこで、ルーズリーフを用いた復習は地図が描きやすいというメリットがあります。
なぜならトレーシングペーパーのように使えるからです。
ノートではできない長所です。
 
ここまで、ルーズリーフを用いた復習方法の良さを紹介してきましたが、
 
1番の良さは、、、
 
 
 
 
 
 
取り外しができることです!
 
 
 
 
 
「え?どういうこと?」と思った方々いるでしょう。
 
 
取り外しができるということは間違えた問題を平均的に勉強できることです‼︎
 
復習するときは、最初のページからやりがちでしょう。
単語帳とかでも最初の方は覚えてるのに後半はあまり覚えていない現象と一緒です。
 
 
しかし、ルーズリーフなら復習した範囲のページを取り外して、後ろに閉じることで全範囲を効率よく復習することが出来ます。
 
 
 
 
 
今回は、ルーズリーフを活用した復習方法を紹介しました。
 
「やってみたい」と思ってくれた人は是非試してみてください!!
 
 
慶應義塾大学 経済学部経済学科 1年 村本 健人
 

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45