時間を逆算!!!~日野先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 10日 時間を逆算!!!~日野先生~

こんにちは!(^_^)

やっとになってきましたね!過ごしやすくなってきて嬉しいです!眠くて頭が回ってない日野です!

みなさんは私みたいに寝不足にならないようにしっかり寝ましょうね(^_^)

昨日大学の授業の前に提出しなければならない書類があり、大学で印刷しなければならないものもあったため、大学の友達と早めに待ち合わせしました。私はやるべきことをおとといのうちに確認して、それぞれの所要時間を考えて待ち合わせ時間を設定しました。早めに待ち合わせしたことで用事を早く済ませることができて授業にも無事間に合うことができました。

写真は大森先生と寺田先生に協力していただきました。

題名 やっほー!!!

突然こんな話をして、え???って感じですよね、すみません(笑)

これは待ち合わせ時間の設定がよかった、待ち合わせについてなどという話ではありません。私が言いたいのは時間を逆算して考えることです!

これは受験生から心がけていたことです。

1日のやるべきことを考えるだけではなく、1日の終わりから逆算することです。

みなさんはやるべきことまで手が回らないで次の日に回した経験はありませんか?これをやることによりそれを防ぐことができます。

しかしこれには注意点があります。

自分が設けていた時間よりもやるべきことがかかってしまうこと、またはかからないで終わることもあると思います。

そのときの対処法を紹介します。

①やるべきことが思ったよりもかかってしまったとき

こういうときはやっているもののキリがいいところでパッとやっていることをやめましょう。やめて次の本来やるべきことに映るようにしましょう。

こうすれば最後の方のやるべきことに一切を手をつけずにおわることがなくなります。

②やるべきことが思ったよりもはやく終わってしまったとき

このようなときは空き時間でできることをやりましょう。元の予定を早めるという方法もありますが、ズレが生じると最終的にどこかでまたズレてしまって思うようなことができません。

だから出来た空き時間を活用してたとえば高マスや単語帳をやることが効果的でしょう。

①②のどちらの場合でも、次の日の予定を立てるときにその日のかかった時間を活かし計画を立てる時に修正していきましょう。

これは受験生だけではなく高1、2年生にも共通して使える勉強方法です。

高1、2年生は中間試験が迫っている人も多いのではないでしょうか?受講や高マスと試験勉強の両立は大変だと思いますがこのように計画を立てることで両立させていきましょう!

そして受験生は過去問演習、その復習、自習においてぜひ活用してくれたら嬉しいです!

また時間を逆算して考えるのは模試のときの時間配分外部会場に向かうときの駅に着く時間などいろいろな場面で活かすことができます。

これは私の一例であり、勉強方法は人それぞれなので色々な担任助手に聞いてみてくださいね!

上智大学 総合人間科学部 看護学科 1年 日野里奈子

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45