経済学部とは?~村本先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 7日 経済学部とは?~村本先生~

こんにちは、村本です。

先週ブログを書いたばかりですが、諸事情により再びブログを書いています。

期末テストが近づいてきて、のんびり過ごしていた大学生活とも一旦おさらばです。

 

さて、今回は私が通っている慶應義塾大学の経済学部について紹介したいと思います。

「経済学」といっても何をするのか分からないと思います。実際、私が皆さんと同じ受験生のときは経済学部について詳しく知りませんでした。

 

まず、必修について、、、

1年の必修科目は、マクロ経済学統計学第二外国語study skills(英語)です。

1年の頃は、まだあまり専門科目はありません。

学年が上がるごとに専門性が増していくようになっっています。

 

次に、一般教養科目について、、、

その前に、聞きなれない「一般教養科目」について説明します。

一般教養科目とは、専門科目以外で教養を深めるための科目です。

私は経済学部ですが、心理学や政治学などを受けています。

慶應義塾大学の経済学部では、必修科目が少ないため他分野も学べるようになっています。

 

雑談のようになりますが、慶應義塾大学で使われる「在日」「来日」という言葉について紹介したいと思います。

これらの言葉は、進級について用いられます。

「在日」とは、2年生のときに進級の単位が足りず三田キャンパスに行けないことです。

日吉キャンパスに残るため、在日と言われています。

「来日」とは、3年生になれたものの、日吉でとらなければいけない単位があるため、三田キャンパスから日吉キャンパスに通わなければいけないことです。

日吉キャンパスに来るため、「来日」と呼ばれます。

 

もちろん、この言葉に縁がある人はそういません。

私も、今回の期末テストに対してまじめに取り組んでしっかりと進級します。

大学によって、その大学特有の言葉があるので、調べてみると面白いかもしれませんよ?

慶應義塾大学、経済学部に興味がある人はぜひ聞きに来てください。

 

慶應義塾大学経済学部経済学科1年   村本健人

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45