12月 | 2019 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 2019年12月の記事一覧

2019年 12月 31日 冬といえば?~加納先生~

こんにちは。加納です。一年の速さに驚愕しています。

 

絶対だれかが時間をゆがめてますよね、、、去年も速かったですが今年はそれ以上に速いです。

 

 

 

さて、冬といえばセンター試験ですよね!!!!!

(そんなことはないという声は無視)

 

 

毎年多くの受験生を闇に葬り去ってきたセンター試験。

 

まさかとは思いますが、

 

 

 

 

「二次試験の比率が高いからセンター対策は大してしなくても大丈夫でしょ!!」

 

 

 

 

とか思ってませんよね????そこのあなた。

 

じゃあ問います。

 

 

 

あなたはセンターレベルの問題すら解けなかったという事実の中、自信を持って二次試験や私大の試験に臨めると思いますか?

 

 

おそらく多くの人が厳しいと言うのではないでしょうか。受験生にとって自信は非常に重要です。それが失われてしまうのはとてつもなく大きい。

 

センター対策はこれでもかというぐらいしましょう。

 

 

 

 

センター対策には終わりなんてない!!!!(絶叫)

 

 

 

 

 

ハァ、、、ハァ、、、加納の絶叫が響き渡ったところで、センター試験における精神の持ち方について書いておきます。

まず、緊張を悪いものだと思わないでください。緊張して当たり前です。

 

逆に人生において間違いなく重要なイベントであるセンター試験で全く緊張しない方がおかしい、、、、、、(加納はなぜか全く緊張しなかったのは秘密)

 

 

あとこれはどこかで聞いたのですが、自分自身を実況して客観的にみるといいらしいです。

 

「さあ加納!!おおっと緊張している様子であります。これはだいぶ固くなっていますねー。原因はどこにあると考えますか。」

 

「そうですねー。ここにきてやっとこの試験が人生に影響するものであると実感し始めたのではないのでしょうか。

 

「なるほど。無理もないですよねー。」

 

一例としてはこんな感じです笑 最終的には自分を肯定することがコツです。

 

もうひとつ。

 

受験会場では自分が最強だと思ってください。

強そうな金田先生です。

 

 

まわりの頭良さそうな感じの人余裕そうに試験の結果を話している人なんかよりもあなたの方が絶対に上です。

 

あなたが解けない問題は誰も解けません

 

言い方は悪いですが回りを見下すぐらいでも良いと思います。

 

 

僕から言える事はこんな感じです。

 

あとはセンター本番まで一分一秒を無駄にせず、最高の状態でセンター試験と言う第一関門を突破して下さい!!!

 

 

 

東京農工大学 工学部 応用科学科1年

加納啓汰

 

★明日の開閉館時間★

10:00~18:00

 

 

 

2019年 12月 30日 1.19事件簿/三冠への道~舘田先生~

みなさんこんにちは!舘田です!

 
世の中は絶賛冬休み中ですね(*^_^*) 立教大学はキリスト教系の大学なのでクリスマスクリスマスイブはしっかりお休みでした!やったね!
 
 
 
今回のブログは受験生新高2,3生とで伝えたい内容がかなり違ったので前半、後半で区切って書いてあります!
 
新高2,3生の皆は下にスクロールして後半から読んでみてね!
 
 
 
受験生の皆へ向けて、私がブログを書けるのはセンター前ラストになりそうなので、この場を借りて「センター当日に私の身に起こったちょっとした事件」についてお話したいと思います。
 
 
 
約一年前の2019年1月19日、それは国語の試験が終わろうとしているタイミングで起こりました・・・
 
「試験やめ!」
 
試験官の合図で受験生が鉛筆を置き、もちろん私もそれに倣いました。
 
今までにない集中力で解くことができたのでかなり時間が余り、見直しも出来てとても手ごたえがあったので、試験が終わって安堵したのを覚えています。
 
「受験番号が合っているか確認してください。訂正がある場合は手を高く挙げてください」
 
いつも通りの試験官の指示。東進の模試でも何十回と聞いた台詞です。私は過去に一度も間違えたことはなかったので「まあ一応見とくか・・・」ぐらいの気持ちで自分の解答用紙に目を遣りました。
 
 
 
えっ!!!?!!
 
間違えてる!!!
 
 
 
なんと!試験開始前にも何度も確認したはずの受験番号が一文字間違っていたのです。
 
静寂に包まれている試験会場でただ一人手を挙げるのはなかなか恥ずかしかったです…
 
  
私の席までやってきた試験官のおじさんに見守られながら受験番号を訂正しました… 
 
(すみません岩男先生は決しておじさんではありません。ブログに岩男先生が登場してくださるのめちゃくちゃ貴重ですね…!!)
 
 
 
以上がセンター本番の日に私に起こったプチ事件簿です。
 
もう私が何を言いたいかはお分かりですよね?
 
 
 
受験番号等のマークミス油断から生まれます!!
 
特に模試を沢山受けてきた東進生は何度も聞いた台詞に飽き飽きしているとは思いますが、試験官の指示には従いましょう!
 
逆に緊張しすぎていつもできていることが本番は出来なくなってしまうという可能性もかなりあります。
 
だからこそ確認は何度でもするべき!!
 
 
 
受験番号の間違いは救済措置がある場合もあるようですが保障はできません。そして解く問題のマーク(国語の現型・現古型・現古漢型など)はミスしたらそのまま採点されてしまいます。救済はありません。(舘田調べ)
 
 
 
せっかくここまでやってきたみんなの努力が最後の最後、ちょっとした油断「0点」になってしまうのはあまりにも悔しいですよね。私もめちゃくちゃ嫌です。
 
繰り返しますが確認は何度でも!!
 
 
 
みんながセンター試験本番でマークミス等に足をすくわれることなく、実力を十分に発揮できることを心より願っています。
 
 
 
 
 
 
 
さて、新高2、新高3の皆は東進で学年が上がって1ヶ月経ちました。良いスタートダッシュが切れているでしょうか??
 
 
「勉強しなきゃという焦りを感じるようになった」
 
「高2の次はもう受験生だと思うとやばい…!」
 
 
という声が皆さんからも聞こえてきます。
 
 
 
12月の初めには「始業式」がありましたね。そこで言われたこと、覚えていますか?
 
チェックするためにここでいきなりクイズ!画面の前にいる小杉校の高2,3生のみんなに質問です!
 
 
 
Q.みんながいま、頑張るべき二本柱とは一体なんだったでしょうか!
 
 
 
チチチチ・・・(秒針が進む音)
 
 
 
正解は・・・・
 
 
 
A.受講高速基礎マスター
 
 
です!
 
めちゃくちゃシンプルですね。今回私は特に高速基礎マスター3冠についてお話ししようと思います。
 
なぜ私たちが皆と受付で話すたびに
 
「高マス最近どう?」
「今日高マスやった??」
「いつまでに三冠する予定?」
 
と聞くのか。
 
その理由は明確です。
 
高速基礎マスターレベルの単語・熟語・文法が身についていなければ、
 
そもそも受験の土俵にすら上がれないから!!
 
です。高マス3冠はゲームの初期装備と一緒です。
 
 
始業式で自ら宣誓してくれた3冠までの目標期限を絶対に守るぞという覚悟で頑張っていきましょう。
 
 
ここで私からのオススメ豆知識を紹介します。
 
はい、ドーン!
 
その名も「忘却曲線」です。知ってる人もいると思います。
 
覚えてから一日経つと半減してしまう記憶も、一日後、二日後、三日後まで復習することでかなり忘れにくくなります。
私はこのグラフを意識しながら高マスを進めていました。とっても合理的に覚えられる方法ですね!
 
 
最近パーマをかけてイケメン度が増した二見先生と、そんな二見先生には負けたくない村本先生にグラフと共に写ってもらったので皆さんも是非この忘却曲線を覚えておきましょう!そして高マスをやるときに是非この二人の先生の顔と一緒にこのグラフも思い出してくださいね!
 
 
立教大学文学部文学科日本文学専修1年
舘田海光
 
 

★明日の開閉館時間★

千題テストのため通常利用は出来ません

 

2019年 12月 29日 勝つしかない!~金田先生~

みなさん、お久しぶりです!こんにちは。一気に正月ムードになり、2019年頭には受験生だったと思うと勝手に感慨深くなっています、金田です。

まず、受験生のみなさん、2020年がもうすぐ始まりますね!毎日悔いなく充実した日々を送っていますか。1月、2月はあっという間に過ぎてしまいます。過去を後悔するのではなく、これからできることを毎日精一杯取り組んでいくことに全力を尽くしてください。最後まであきらめず第一志望校を追い求めてください!

そして、今回は新高3生、新高2生に向けて話をします!

まず、校舎に来るとこの風景を目にしていると思います。

GMでも言われていると思いますが、そうです今冬の陣が行われている最中ですよね。みなさんの所属のGMはどうですか?勝てていますか? 勝てているという人もいれば、そうでない人もいると思います。総当たりの第2回戦も終わり、3回戦に突入しようとしていますね。自分が頑張れば、グループ全体に貢献することができるのです!これは頑張るしかないですよね??? まだまだ逆転のチャンスは大きくあります。

再度、基準を確認しておきましょう!

①GMの向上得点の平均

②GMの登校日数得点(1日=0.2点)の平均

の合計です。

この冬の陣と並行してもう一つ行われていることがあります!それは、、、

Winterを制すWinnerは誰だ!? 略してWWカップです。

これも、冬の陣と同じ判断基準です。冬の陣との違いは、ここ武蔵小杉校だけに収まらず、近隣の東進ハイスクールの自由が丘校、都立大学駅前校、二子玉川校、たまプラーザ校、青葉台校、センター南駅校と競い合います!自分のグループミーティングがどの位置にあるのか比較してみましょう!

正月といって怠けている場合ではありません。この間にも他のGMでは得点をのばしていますよ!!

この正月を無駄にするわけにはいきませんよね?この休み期間で、学力もあげて、冬の陣も勝ってしまいましょう!

 

慶應義塾大学 看護医療学部 1年

金田 美玲亜

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45

 

 

 

 

 

 

 

2019年 12月 28日 除夜の鐘が鳴るまでに~川内先生~

こんにちは!担任助手2年の川内です!

もうまもなく2019年が終わってしまいますね。みなさんにとってこの1年はどういった1年だったでしょうか?

気づいたらもう1年が終わっていて、自分ももう二十歳になってしまいました。

この1年でやり残したことは、年をまたがず、今年中にやり切ってしまいましょう。

そんな僕も、大学の試験やレポートが山積みなのですが・・・

 

さて、そんな年の瀬、大みそかに東進では一大イベントがありまあすね!!!!

 

そう、

 

英語千題テスト2019です!!!!!!!

受験生にとっては今年を締めくくるにふさわしい(?)祭典。

 

今年の大みそかは、紅白でもなく、ガキ使でもなく、丸一日英語にありったけの力を注ぎこみましょう!

 

注ぎ込んだ分だけ自分の力になります!僕が保証します!

今年の英語の課題は今年中に解決しましょう!除夜の鐘が鳴るまでに。

僕たちスタッフも総動員で盛り上げるので、一緒に楽しみましょう!

それではお待ちしております!

↑今日の二見先生

早稲田大学法学部 2年 川内優人

★明日の開閉館時間★

8:30~19:00

 

 

 

 

 

2019年 12月 27日 チャンスを見逃すな!!~川埜先生~

今年ももう、残りを片手で数えられるようになってしまいましたね、、年末はなんだかさみしくなってしまいます、、

さて!!!今年やり残したことはありませんか?残り日数がもうわずかとなったからこそ!!やり残していること、ちょっと後悔していたことは今年のうちにすっきりさせましょう!!!

 

ということで、わたしはこの前自分の机を整理しました!!前よりもきれいになったので勉強も頑張ろうと思っています、、

 

年末年始は絶好のチャンスなんです!!

なんの??って思いますよね??

 

それは、、気持ちを切り替えるチャンスです!わたしは『年末』だから『掃除』をしました。そうしたら、『綺麗になった』から《勉強》も頑張ろうって思えました。小さなきっかけが、大きなチャンスになるんです!

今は検定取得のために頑張ります!!

 

 

12月に模試を受けて、努力の結果が点数になって返ってきた人もいれば、なかなかうまくいかなかった、、いろんな結果があると思います。模試は受けて復習することが大切です。結果はひとつのデータにしかすぎないです。

その結果に一喜一憂してしまっている人!!今のうちに気持ちを切り替えていきましょう。一喜一憂している時間はもったいない!!!まずは、1月18日、19日にあるセンター試験で力を発揮できるように今できる努力をするのみです!!

 

 

低学年のみなさん!!12月に東進での学年が変わりましたね??テストまっただ中で、「そんな意識できてないよ〜!!」って思ってる人も多いのではないでしょうか?そんなみなさんもチャンスです!!年末年始、学校も休みで東進にくる日が増えると思います!周りの友達や先輩の努力を見れる環境で、新しい学年に上がったことを意識して受講•高マスをどんどん進めていきましょう!

そして『冬の陣』で小杉校1位を目指しましょう!!!

今が学校の友達と意識の面でも学力の面でも大きな差をつけることができるチャンス!今を大切に過ごせる冬休みにしましょう!!

中央大学 総合政策学部 1年 川埜真希

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45