1月 | 2020 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 31日 言葉の力~不破先生~

こんにちは!

テストが終わり、今日からはカンボジアでの研修準備に取り組んでいます、不破です。

 

ひとまずセンター試験お疲れ様でした。

川内先生のブログを読み、私自信、自分の生徒時代を思い出しました。そして私も今回のブログでは「努力」について書こうと思います。

今までのブログにも書いたことはありますが、私は勉強がもともとできたわけではありませんでした。努力×努力によって第一志望校に合格が出来たのです。努力をしても叶わないことはあるじゃないかと思う人もいると思います。私もそのように思ってしまうことが何度もありました。ですが受験期はある言葉をきかっけに、努力をすることで得られるものは必ずあるのだと思うようになりました。

 

それは

『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。』という言葉と

『踏まれても叩かれても、努力さえしつづけていれば、必ずいつかは実を結ぶ』という言葉です。

 

私はセンター試験の英語に悔しい思いをしました。受験時代、英語で勝負しようと考え、ひたすら英語ばかりを勉強していたのにも関わらず本番思うように点数が取れなかったのです。この時、やはり努力をしたって叶わないことがあるのだと感じました。「努力したって意味がない、もうやりたくない」とも思いました。そのためセンター試験が終わった後はなかなかやる気が起こらなかったです。

ですがこの言葉を見た時にふと自分の中で考え方が変わりました。今までの努力は無駄ではなかった、ただまだまだ努力が足りなかっただけだったんだと思うようになりました。どのくらい努力をすれば目標を達成できるのかはわかりません。ですが努力をしない限り可能性は0だと思い改めたのです。

確かに結果の分からないことに対して一所懸命努力をすることはとても難しいことです。途中で諦めたくなることは何度もあるはず。ですが努力しないとはじまらない!!そんなのわかってるよ、と思う人もいるとは思いますが、その思いを何とか行動に移していこう。

最後に後悔が残らないよう今出来ること、つまり一生懸命努力をすることに全力をかけよう。

 

慶應義塾大学看護医療学部1年 不破菜津子

 

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

2020年 1月 30日 わたしの大きな後悔~日野先生~

こんにちは!

大学のテストが終わり、やっと春休み突入です!!

ちなみに、昨日やっと大学に聴診器や実習着が届きました。本当に看護の道に進んでるのだなと思い、楽しみな反面、進級するのが少し不安になってきました、、笑 昨日母校の高校の制服を着た子を見て、ついこないだまでこの制服着ていたんだな~としみじみし、大学入学したのもこないだなのに、、、時の流れ早すぎ、、、とびっくりしました。

このように時というのはあっという間です

突然ですが、ここでクイズを出題します!

私はこのように時が流れるのにおいて、中学高校で大きく後悔していることがあります。それはなんでしょう!?

というクイズを金田先生、大森先生、寺田先生に出題してみました。

みなさんも考えてみてくださいね!シンキングタイムスタート!!!

ここで一斉にオーーープン!!!

一人ずつ見ていきましょう。

金田先生、

残念!不正解です。

部活はやめたいと思ったことは何度もありましたが、続けたことで得たものが多く、やってきたことが自信につながったりと、大切な経験になりました。

 

大森先生、

残念!不正解です。

女子校に通えてすごく楽しくて、むしろ女子校に入学して良かったです!

 

ラスト!寺田先生!

惜しい!!!勉強しなかったことというのは詳しくはなんでしょうか!???

大大大正解です!!!

そうなんです。私は受験生になるまで長期休暇は宿題しかやらなかったと言っても過言ではありません。

実際、高校生の私は、、、

「部活あるし試合近いから自主練しなきゃ!(⌒▽⌒)」

「宿題やったしもう勉強はいいよね?( ̄∀ ̄)」

「あそべるの今のうちだしあそぶ!(≧▽≦)」

「毎日部活にあそびあって疲れたから寝る!(^-^)」

というような言い訳ばかりしていました。

しかし新学期や長期休み明けで毎回後悔します。なぜかというと

「勉強をやった子達との差を感じる」

からです。

しかしなぜ何度も後悔したのに、そしてそのような子を見て焦ったのに変われなかったのでしょうか。

それは正直、高1や高2までは大きい差は感じられず、自分はまだ大丈夫と思い込んでしまったり、今までなんとかなってきたしなんとかなるはずだと誤解していたからです。

しかし現実はそんなに甘くありません。

私は高3に進級し、受験生になった始業式の朝に歴然とした差を感じました。

教室に入り、私は苦手分野を友達に質問しました。そうしたら友達から衝撃の一言を言われました。

「これ高1で習ったよ?今まで何度も長期休みがあったのになんでそこで苦手を潰さなかったの?」と聞かれました。

そこで私は、自分がやってこなかった中、気づかないうちに差が開いていたことにやっと気づくことができました。

受験生になってから苦手な数学分野、国語をやっていく中で、それは大きな後悔に変化しました。まわりは本格的な受験勉強をする中、勉強習慣をつけるだけでも大変で、苦手なものを潰すのに時間をかけていました。そして、より差が開いていていきました。今でも、早めに苦手を潰していれば、勉強習慣をつけていれば、もっと早く受験勉強ができたのかなと後悔しています。

みなさんにはそうなってほしくありません!!!!

ということで前置きが長くなりましたが、、、

低学年のみなさんは次のまとまった休みは入試休みですね!!!勉強できるチャーーーンス!!!

そこで宿題だけではなく、受講や自習を通して苦手を潰したり+αのことをすることで周りと差をつけましょう!!!

そして長期休み明けに良いスタートダッシュを切りましょう!!!

 

最後に余談を挟みます、、、笑

なんと今日は寺田先生の誕生日です!(パチパチと拍手が鳴りやまないですね!寺田先生おめでとうございます!!)

誕生日ガールはクイズでも答えが冴えていましたね!さすがです!

ちなみに寺田先生は得意科目が英語です。なぜ得意なのか聞いてみると、、

「ひたすら高マスやった!!!!」

みたいです。

みなさんも高マスどんどんやっていきましょうね!!!

 

上智大学 総合人間科学部 看護学科 1年 日野里奈子

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

2020年 1月 29日 いつやるの?~二見先生~

 

 

こんにちは!

大学のテスト勉強に追われて泣きそうな二見です。

あと2日で終わるのでそこまでしっかり頑張りたいと思います、、、

そして!!

受験生の皆さんはセンター試験お疲れ様でした!!本当に寒くて大変だったと思いますが、、

上手くいった人も、上手くいかなかった人も本当の勝負はここからだと思います!

ラストスパート頑張っていきましょう!

 

話は変わりますが…

 

昨日の加納先生のブログをよんで、改めて「今」について考えさせられましたね。(気になる方は昨日のブログを読んでみてください。)

今回は僕も「今」について考えていきたいと思います。

 

低学年の皆さんはセンター同日受験があったと思います。

結果はもう見ましたか?

自分の第1志望校に実力は届いていましたか?

恐らく届いていない人が多かったんじゃないかなと思います。

以下の表を見てみてください。

 

 

8月からの伸びに注目してみてください。

どのレベルの学力のひとも伸び率はあまり変わっていないことがわかると思います。

 

つまり、「8月の時点で自分が行ける大学は決まってしまっている」ということなんです。

 

 

センター試験まであと1年です。これは短いと感じるか、長いと感じるか。

目標をしっかり決め

 

そして勉強はいつから始めるのか。

 

 

「今」でしょ!!

鬼塚先生、決まりましたね。

でも本当にこの言葉に尽きます。

すぐに実行するかしないかはあなた次第です。

ではまた。

 

明治大学 商学部 商学科1年

二見悠介

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

2020年 1月 28日 今~加納先生~

 
 
 
みなさんこんにちは。加納です。
 
今日の朝、元NBA選手のスーパースター、コービー・ブライアントがヘリコプターの墜落事故で41歳の若さで亡くなりました。とにかくストイックで、残してきた実績はあまりにも大きい、とてつもなく偉大な人です。
 
正直まだ自分は彼の死を全く受け入れられていません。突然すぎて、、、本当に悲しいです。
当たり前のことですが、自分がいつ死ぬのかなど分かりません。もしかしたら明日死ぬのかもしれないのです。
そんな当たり前のことを痛感しつつ、後悔のないように今を全力で生きていきたいと痛切に感じました。
 
ありがとうコービー。心からご冥福をお祈りいたします。
 
 
重くなってしまい申し訳ありません。
 
受験生の皆さんも、今自分が後悔のない毎日を送れているのか自問自答してみてください。
 
センター試験が終わってから1週間が経ちました。
 
かなり精神的にもきつい時期だと思います。ですがここで頑張ることをやめてしまったら、絶対に後悔します。
 
コービーの名言にこんなものがあります。
 
Everything negative – pressure, challenges – is all an opportunity for me to rise.
 

たとえ今困難でも、それを乗り越えれば必ず成長できるのです。

だからとにかく頑張ることを続けてください。

今日はこんな感じにします。

 

東京農工大学 工学部 応用化学科1年

加納啓汰

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

 

2020年 1月 27日 自分を認めること~小宮山先生~

 

こんにちは!白湯にハマっていて、毎日1.5Lぐらい飲んでます。おかげで血液が綺麗になった気がします。小宮山です。

 

極寒のセンター試験からもう1週間経ちますね。時の流れの早さに驚かされます。

さて、センター試験が終わって1週間経つということは、今の高2生はもう共通テストまで1年を切ったことになります。

高2生の皆さんは気持ちを受験に向けられていますか?

向けられている人はいい調子です!そのまま勉強を進めてください!!

 

では、気持ちをまだ受験に向け切れていない人はどうですか?気持ちを向けるために何かしなければとは思っていることでしょう(思っていてほしい)。

しかし、いきなり「受験生」と言われても何をすればいいのか分からないのが現状だと思います。

そんな人はまず、自分がいま東進で利用できるコンテンツを使ってください。

 

そんなことかーいと思ったそこのアナタ!! 実際に自分はコンテンツを利用しきれていますか。

よく聞くのは

「受講より自分で勉強した方が進むから受講はやらない。」

「高マスなくても自分で勉強するんで大丈夫です。」

「あれ?これ自分やん」って思ったのではないでしょうか。それぐらい、こういったことを口にする生徒はいます。もはやテンプレですね。

確かに、自分のペースで進めたい気持ちはだれにでもあると思います。しかし、先にも述べたように共通テストまでの日数は限られています。

その 限られた日数の中で自分の学力をどれだけ高めることができるか が、受験では重要になってきます。

それなのに、自分の実力を高く見積もって余裕をもってしまったせいで

せっかくの効率よく受験に的を絞ったコンテンツを使わずに受験へ万全の状態で臨めなくなってしまうのは、あまりにも勿体なくないですか。

 

自分の実力を正しく判断し、適切な行動・計画を選択することも受験では必要なのです。

自分の実力が志望校に届いていなかったりすることを認めることは何も恥ずかしい事ではありません。

むしろ、自分の実力を分かっていながらも強がっている人の方が恥ずかしいと私は思います。

先にあげたような発言をする生徒は、コンテンツ自体をあまり使ったことのない状態で、そのようなことをいうことがあります。

何も経験していない状態でそのように決断するのは、自分の伸びる手段を減らしているだけだということに気づいてください!

例えると、手にマイナスな印象をもって関わらなかったら、実はめっちゃいい人で自分に助言をしてくれる人だったというのと同じですよ~。

十分に使ってみて、それでも自分でやる方が良いと思った人は手段を変えてもいいと思います。

 

このブログを読んだ人が自分に素直になって受験に挑めることを願います。

 

 

神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 栄養学科 2年 小宮山絢音

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45