ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2019年 1月 8日 冬休みが終わっても~相原先生~

みなさんこんにちは!まずは昨日の質問から

☆昨日のブロガーからの質問☆

Q.センター試験直前一週間、何を意識して勉強していましたか?

A. すべての科目を毎日勉強するようにしていました。あとはセンターの試験の一週間前の土日は試験時間や起床時間、食事時間など、すべてを本番に合わせて過去問を解きました。

 

さて、校舎の冬休み開館が昨日で終わりましたね。皆さんは良い年末年始を迎えることができたでしょうか?しかし!武蔵小杉校はまだまだ8:30からの朝会館は続きます!私立高校の受験生など、学校がない人は引き続き朝登校しましょう!!

また、低学年の生徒のみなさんは冬休みイベントで高マスや受講、登校など頑張ってきたと思います。それはセンター試験同日体験受験のためです。冬休みは終わりましたが、センター同日までこの勢いを止めずに張り切っていきましょう!!!

 

☆明日のブロガーへの質問☆

センター試験の面白エピソードを教えてください。

 

 

☆明日の開閉館時間☆

8:30~21:45

 

横浜国立大学 理工学部 1年 相原悠大

 

 

2019年 1月 7日 どう過ごすかはあなた次第~高橋先生~

こんにちは、高橋です。お正月気分を抜け出して今日から大学頑張ります。

まずは昨日(実は一昨日)のブロガーからの質問から。

Q.受験を振り返って今、思うことは何ですか?

受験生の冬から2年がたちましたが、今でも受験期のことは良く覚えています。

自分が合格に向けて一生懸命頑張った、ということももちろんなのですが、両親をはじめ、多くの人に支えられてここまできたんだな、ということを初めて強く実感した瞬間でもありました。入試の日の前日に両親から激励の手紙をももらってこっそり号泣したことや、不合格が続き落ち込んでいたときに克を入れてくれたこと、第一志望に合格したときに自分以上に喜んでくれたこと…

私にとって大学受験は、家族や周りで支えてくれた人へのありがとうを本当に身をもって感じることの出来た経験でした。

受験生の皆さんも普段支えてくれる人への感謝を忘れずに、頑張りましょう。

 

さて、センター直前ということで試験当日のことについてです。

①試験会場の下調べは入念に!

最寄り駅はもちろんですが、出口道順なども事前に調べておきましょう。

時間に余裕があるなら事前に行ってみることもお勧めです。時間はもちろん余裕をもって!

 

②お昼ごはん&軽食に注意

私は受験生の時試験当日に母が張り切ってトンカツ(勝つ!)をお弁当に入れてくれたのですが、ふだんあまりお弁当に揚げ物が入っていることがなかったため、午後の試験中胃もたれになりました。試験当日は普段食べているものを食べるのが無難です

また、お弁当に箸が入っていなかった、なんてアクシデントも困りますので出掛けのチェックを忘れずに。

休み時間に食べる軽食は是非持っていくことをお勧めします。甘いチョコレートとか食べると落ち着きますよ♪

 

③休み時間の過ごし方を考えておこう

当日のセンター試験では科目間の休み時間が40分ほどあります。軽食を取る、仮眠する、直前の復習をする…など様々な過ごし方があると思いますが、あらかじめイメージトレーニングしておくと良いと思います。直前に復習するなら何を使ってするのか、などまで考えておくと時間を有効活用できます!

 

さあセンター試験までの日数も少なくなってきましたが、残された時間は皆平等です。

その時間をどのように使うかは皆次第です。体調管理に気をつけて最後まで全力で頑張りましょう!

応援しています。

 

☆明日のブロガーへの質問☆

Q.センター試験直前1週間、何を意識して勉強していましたか?

 

早稲田大学 教育学部 2年 高橋美貴

 

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45

低学年冬休み受講スタンプラリー最終日です!

 

2019年 1月 6日 受験生のみなさんへ~吉田先生~

こんにちは!

吉田です!なんだか久しぶりにブログを書く気がします^^

さて、みなさん、センターまでいよいよ2週間を切りましたね、、、。

受験生のみなさんはもちろん、低学年の生徒にとってもセンター同日体験受験というのは大切な試験となります。

 

今日は受験生のみなさんへ直前の今だからこそ伝えたいお話をします!

 

まず、センターに向けてこの2週間にしてほしいことから

①センター対策は完璧ですか??

12月模試で点数が安定していた科目でも模試から1ヶ月たった本番まで何もせずにいると、もちろん点数を落とします

苦手科目はもちろんやっていると思いますが、得意と思っている科目でも2週間前からは実力を本番でしっかり出せるように、演習はこまめにやっておきましょう。

②体調管理に気をつけましょう。

体調管理に気をつけるのは受験生の義務です。

本番二週間前に風邪をひいても最悪本番までには治ると思いますが、1週間という期間寝込んで無駄にしてしまうと、勉強時間が取れないのはもちろん自信も失ってしまいますね、、。

なので、うがい手洗いなど出来ることは必ずやりましょう!

 

次にセンター当日に気をつけてほしいこと

③当日の服は調節できるようにしましょう。

センター試験当日は1月中旬。とても寒いですよね。みなさん厚着をして寒さ対策をしていくと思います。しかし、会場は暖房が効いていてとっても暑かったり、設備が整っていなくてとても寒かったりします。寒さ対策をした上で調節できるような服装にしましょう。

 

④時間割を確認しましょう。

センター試験当日の時間割は模試と違い、かなり休憩時間が長いです。またお昼ご飯を食べるタイミングも模試と違うので、眠くならないように量を調節したり、間食を用意したり気をつけましょう。

 

センター試験まで残り二週間一緒にがんばりましょう!

 

☆明日の開閉館時間★

 8:30~21:45

国際基督教大学教養学部2年 吉田安希

2019年 1月 5日 テッテレー…センター予想問題(ドラえもん風)~田中先生~

明けましておめでとうございます!立教大学理学部の田中です。

昨日のブロガーからの質問から行きましょうか。

 

 

☆前回のブロガーからの質問☆

Q.試験前の自分なりのルーティンなどはありましたか?

A.たくさんありましたね。試験前ではなくて試験の日にしましょう。

①靴を脱ぐ

普段から勉強の時は靴を脱いで勉強していたので、試験の時もアットホーム感を出すためにやっていました。

 

②どんなに寒くてもロンTで試験受ける

試験会場はかなり暖房がきいています。自分は暑いと頭が回らなくなる性質があったので寒くても受験の際はロンTでしたね。それと、多く着ると窮屈で途中で肩が痛くなるのでやっていました。もちろん毎回違うロンTでしたよ(笑)

 

③昼ごはんは必ず東進の下のファミマのサラダ、おにぎり2つ、ウィダ―

東進で勉強している時も毎日昼ごはんは変えませんでした。なので、試験の日も東進の下のファミマに来て、同じものを買ってから試験会場に行き、同じものを食べていました。まるでスティーブジョブズ。

 

④毎教科試験前に手をグーパーグーパーする

これは私の2つ上の担任助手の三浦先生が試験前にすると集中力が上がる方法として教えてくれたもので実践していました。

 

まぁ、こんな感じですかね!

 

 

では本題に移りましょうか。

本日でセンター14日前と言うことでこの時期センター対策をしていることと思います。多くの人がセンター本試→得点率が低い所を大問別演習→本試が10年終わったら大問別演習を縦に解く をしていると思います。

しかし、本試10年終わっている、2週目も終わっている、大問別演習も終わってしまっている何をやればいいか分からない人へ….

この世にはセンター試験予想問題集があるのです!!

(残念ながら東進出版のものは無い)

Z会の予想問題集は難易度が高いので、腕に自信が無い人は他の2つをオススメします。

パックファイブは予想問題集と言うよりは実践演習を積みたい人向けです。書店ではなく学校に頼んで購入しなければいけないのがネックですね。しかし、教科ごとに5年分入っているので自分の好きな教科だけ購入することができます!

 

演習をたくさんやって、万全な状態でセンター試験に臨みましょう!

 

☆明日のブロガーへの質問☆

Q.受験を振り返って今、思うことはなんですか?

 

立教大学 理学部 2年 田中峻介

★明日の開閉館時間★

8:30~19:00

2019年 1月 4日 センターの心得~平松先生~

 

 

さん

あけましておめでとうございます!

おみくじを引き損ねて未だに引けていない平松です

そいうことなので今年の運勢はシークレットにしておきたいと思います

その方がわくわくしますもんね、、

 

☆前回のブロガーからの質問☆

Q.お正月ですが、お休みの日と勉強する日を上手く切り替える方法はありますか

 

A.主に低学年の方向けになりますが予めスケジュールを決めておくことですかね!

あらかじめ決めておくことで生活のリズムもできるのでお勧めです!!

 

 

さて、皆さん

大晦日の千題テストも終わり、年もあけて2019年になり、センターまであと15日になりましたね

 

人によって気持ちは様々だと思いますが緊張している人が多いのかなと思います

 

そんな皆さんの緊張を少しでも解くために、そして気持ちの面で優位に立つために

 

今回はセンターに向けたいくつかの知っておくといいことを書きたいと思います

 

それではさっそくいきます!

 

その①

下見をすべし

雪が降る学校の建物のイラスト(背景素材)

 

これは見落としがちです意外と大事なところです

というのも当日は緊張している状態でしょうしそんな時に道に迷ったりして遅刻してしまったり、受けられなくなったりしては試験どころの話ではありません、、、

なので道のりをしっかりと把握するために下見に行くことがおすすめです

下見をすることで道のりはもちろん学校の建物の配置、自販機の位置やトイレの位置まで把握することが出来たりするので当日探し回る必要もなくなります

あとやっぱり一度行ったことがあるところと無い所では気持ちの部分でのゆとりが変わってくるのでオススメです

 

その②

時計を2つ持つべし

懐中時計のイラスト

 

時計を持っていくことは皆さんにとっては当たり前かもしれませんが、ぜひ2つ持っていくといいと思います

何故かと言うと1つが急に壊れたりするかもしれないからです

そんなことめったにないでしょと思う人もいるかもしれませんが

何が起こるかが分からないのが受験です

それに備える分には損はないと思うので備えましょう!

 

その③

えんぴつに慣れるべし

マーカーのイラスト(文房具)

 

センター試験は皆さんご存知の通りマークシートで行われます

なのでシャープペンシルだと塗るのに時間がかかってしまいます

それを避けるために大体の人はえんぴつであったり、マークシート用のペンで試験に臨んだりすると思うのですがその際に

普段は使ってないペンで書くと言うことになるとなかなかいつもと違うなぁと感じてしまうものです

 

それを防ぐために試験2週間前とかからセンターの過去問を解くときにえんぴつで解いたりするといいです

そうすればなれます

 

他にも過去問を解く際に実際のマークシートのようなものに回答を記入したり、本番同様のスケジュールで解いたりするとより本番をイメージが出来ていいのかなと思うのでぜひやってみてください

 

その④

何が起きても動じないようにするべし

 

最後の部分はやはり気持ちの安定が大切かなと思います

試験の傾向が急に変わるかもしれませんし、隣の席の人の書く音がうるさかかったりするかもしれません、他にも体調面や忘れ物などの突然のハプニングもありかもしれません

 

しかし何が起きたとしても動じないで自分を強く持つことが大切かなと思います

 

むしろそんなハプニングがあるほうが思い出に残る受験だなと言う風に考えるくらいの気持ちでいってほしいなと思います

 

頭が真っ白になった時一呼吸おいて落ち着いた状態で問題ともう一度向き合うと今まで見えなかったものがみえてきたりしますし

一つのハプニングやわからない問題に動揺して試験全体をダメにしてしまうのはもったいないことなのでうまく切り替えましょう

 

以上がセンターに向けた知っておくといいことです

 

この時期不安や焦りなどあるかもしれませんがそういう時は自分達担任助手が相談に乗りますし

 

力を合わせてこれから先も進んでいきましょう!!

 

☆明日のブロガーへの質問☆

Q.試験前の自分なりのルーティンなどはありましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆明日の開閉館時間☆

8:30~21:45

 

 

 

 

青山学院大学 経営学部 1年 平松将