~成功者はみんなやっているPOCAとは~田中先生 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 29日 ~成功者はみんなやっているPOCAとは~田中先生

こんにちは、シンプルに田中峻介です!?
シンプル!?って何って思った人、昨日のブログ見てください。僕も分かりません。。。
 
先日の全国統一テストもおわったので、今回はPDCAサイクルの話をさせて頂きます。
皆さんPDCAサイクル知っていますか!?
仕事ができる人はだいたい皆さんPOCDしているといわれています。
受験勉強でももちろんPDCAは有効なのでお話させていただきます。
POCD=Plan(計画),Do(実行),Check(評価),Action(改善実行)です。
 
計画とは勉強プランのことです。
実行とは計画を実行することです。
評価とは何がよかったのか、悪かったのかを明らかにすることです。
改善実行とは、よかったものを継続し、悪かったものを改善し再計画、再実行することです。
これが1つでもかけると点数が伸びづらいですね。
計画なしにひたすら勉強するのは非効率です。
実行しないのはバカ野郎です。
評価しないのは自己分析ができていないということです。
改善実行しない人は同じ過ちを繰り返します
どれが欠けても点数が伸びにくくなることはわかりますよね?
 
これの具体的な方法を書きます。
まず、手帳にいつまでに自分が何をしなければならないのか書き出します。(計画
次に、手帳を1日にこまめに見ながら計画を確実に実行します。(実行)
次に、今回受けた模試の帳票を見て、自分の得意、不得意、なぜ点数が伸びたのか、点数が伸びなかったのか原因をを明らかにします。(評価)
次に、原因をつぶすための改善策を考えます。(改善実行)
そして、再び改善策を盛り込んだ計画を立てます。(計画)
このように計画を東進模試ごと(2か月に一回)やりましょう。
このサイクルをしていれば点数が伸びる予感しかしないでしょ!?
皆さん自分で絶対にしましょう。
 
内部性は評価する場が模試後面談だということを意識しましょう。
模試後面談は自分で出来ない部分を担任助手の人が評価、改善を手伝ってくれる場なので、無駄にしないように有意義な時間にしましょう!
 

立教大学 理学部 2年 田中峻介

 
 
★明日の開閉館時間★
 
11:30~21:45