ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2018年 2月 18日 模試の日の朝には ~近藤先生~

皆さん、こんにちは。近藤です。

受験生の皆さんは今日受験の大学がある人もいるとおもいますが、高1,2の東進生の皆さんは今日は模試の人が多いのではないでしょうか。そんな皆さんに質問です。


「模試の朝にやる何か習慣の様なものはありますか?」


実際に担任助手の皆さんに聞いてみたところ。

・部活の大会や受験本番も含めて勝負飯が決まってた。

・試験の3時間前には起きるようにしていた。

等、試験や大舞台を前に体調を整える様な習慣をしっかり持ってる人が多かったです。

他には

その日のテスト休みの時間に聞く音楽を決めていたという人もいました。

このような模試前などの習慣を持っておくと本番でも緊張をほぐすために使えたりと便利なので是非自分に合った習慣を見つけてみてください。

★春休みにしたいこと★

免許を取りたい

今教習所に通っているのですが大学の都合上、3月までに取らないといけないので3月の間はほぼ毎日教習所で予定が埋まってます。(余裕のある予定って大事ですね・・・)

 

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45

北里大学獣医学部 1年 近藤和音

 

2018年 2月 17日 これから受験生を迎える皆さんへ~和田先生~

 

おはようございます。元気ハツラツ、和田です。

受験生は入試真っ只、今まで担当してきた子ももうすぐ受験が終わるのかと思うと、この1年間あっという間だったなあとしみじみしています。

さて、今日はこれから受験生を迎える皆さんに和田からメッセージです。

高校時代、私は部活を理由に受験から目をそらし続けていました。

所属していた吹奏楽部では週7の活動、長期休みもほとんどが活動日、というハードスケジュールの中で、とても勉強に頭がまわらない、と自分に言い訳をしていました。

そして、部活を引退した高3の7月末に東進に入学しました。

するとそれまでのぬるい日常とは180度変わり、夏休みは毎日4コマ、朝8時から夜21:30まで猛勉強する毎日が始まりました。

それでも早くから勉強を始めていた子を見ていると、この人たちにはとても追いつけないな、と圧倒的な差を感じていました。

なんとかたたき上げの勉強と運を味方にし立教に受かったものの、私と同じような時期に入学して明青立法中に受かったのは校舎の中でも私くらいだ、と担当の先生に言われました。

これは自慢ではなくて、それだけ勉強を後回しにしていると高3になってからでは現実的に受験で勝つことは難しいのです。

部活生の追い上げには限界があります。

これから受験生のみなさん!

根拠の無い不確かな期待は抱かず、そろそろやばいと思っているなら今から行動を変えてみましょう!

 

★春休みにしたいこと★

健康で強い体づくり

運動のしなさすぎで体力が無いので、ジムに通おうかな~と考えたり考えなかったりです。

 

★明日の開閉館時間★

模試のため終日校舎利用不可!!

 

立教大学経済学部2年 和田あかね

 

2018年 2月 15日 やりたい科目をやる~染葉先生~

こんにちは&こんばんは、染葉です。

勉強はしなきゃと思うけど、なかなか始められない人、いると思います。

そんなとき、「自分は英語ができないからやらなきゃ…」「数学が苦手だから勉強しよう…」

みたいに、苦手科目のことが頭に浮かんでいる人が多いのではないでしょうか。

 

そんなときは、やっていもいいかなと思える科目の勉強を始めてみましょう!

きっと誰しも、少しくらいは興味がもてるorまあまあ得意な科目があると思います。

まずはじめてみることで、勉強への耐性が付きますし、得意科目が1つあることは、後々間違いなく武器になります。

 

嫌な科目のことばかり思い浮かんで勉強したくなくなるのは勿体無いです!

まずは好きな科目からはじめてみることもひとつの方法です。

 

★春休みにしたいこと★

就職活動です(笑)

自分を見つめ直すいい機会になっています!

 

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45

 

一橋大学商学部3年 染葉量大郎

 

 

 

2018年 2月 15日 学力の差は時間の差~川埜先生~

こんにちは。今年はもう雪は降らなそうですね!暖かいのは嬉しいですが花粉が飛び始めることが恐怖な川埜です!

さて、昨日2月14日バレンタインデーは県立公立高校の入試日でした。

中学3年生のみなさんお疲れ様でした!

新高校1年生になる方、もうすぐ新学年になる方、今から第一志望校合格のためのカウントダウンが始まっています!

実際にこんなデータがあります。

このことから、高校3年生時の勉強時間よりも、高校1~2年生時の勉強時間が合否を大きく左右することが分かりますね。早めに受験に向けた対策をスタートし、毎日の努力を積み重ねていきましょう!

 

★春休みにしたいこと★

私は大学で日本史を勉強しているので、歴史を感じに京都へいきます!関西、特に京都の史跡巡りが好きなんです♪

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45

 

國學院大學文学部1年 川埜夏希

 

 

2018年 2月 14日 「過程」と「目標」~黒田先生~

こんにちは!

冬休みの間にあまり合気道の稽古をしておらず、久しぶりに稽古に参加したら技も受け身も格段に下手になっていて、驚き半分悲しみ半分でした…黒田です!

3週間のブランクって大きいですね…。

もうすぐ合宿が始まるうえ昇級審査が近いので、もっと上達させようと思います。

 

 

さてさて、今日はこの話に関するテーマで書こうと思います。

皆さん、「一日休むと、それを取り返すのに3日かかる」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

運動系の部活に入っている人なら一度は聞いたことがあると思います。

読んで字のごとく、「休まずに練習に打ち込むこと」こそ大切だということですね。

これはスポーツに限らず、勉強においても当てはまります。

 

でも、私が今回言いたいのはこういうことではありません。

確かに「休まずに練習に打ち込むこと」は素晴らしいことですし、重要です。

しかし、これはやるべき「過程」であって成し遂げたい「目標」ではありません。

「休まずに練習に打ち込むこと」よりも、もっと大切なことがあります。

つまりどういうことなの?と思う人が多いと思うので、解説しますね。

 

 

たとえば、あなたはどうしても犬を飼いたいけど、お父さんがそれを許してくれないとします。

あなたは「毎日お父さんにお願いしよう」「犬の良さを分かってもらえるように説得しよう」と思い、それを実行しますね。

そうして1か月後にあなたの努力が実り、犬を飼えるようになりました。

 

この話における「過程」「目標」は上の図の通りです。

あなたが実行した数々のことが「過程」で、「犬を飼う」ということが本来の「目標」です。

 

つまり、さっき言った「休まずに練習に打ち込むこと」は、「もっと上手くなりたい!」「全国大会に行きたい!」などという「目標」を成し遂げるための「過程」に過ぎないのです。

もし「休まずに練習に打ち込むこと」自体を「目標」としてしまったら、「自分はどうなりたいのか」「自分はどうすべきなのか」という具体的な目標が疎かになってしまい、意義のない練習になってしまいます。

練習は本来であれば、自分の強みを伸ばすため弱点の補強対戦相手に勝つためというような具体的な目標を達成するために行うものです。

何も考えずに行っていると「試合のための練習」ではなく、「練習のための練習」に成り下がってしまいます。

 

ただいま校舎では「冬の陣」が盛り上がっていますね。

どのGMも一丸となって頑張っていて、とても熱い戦いになっています!

でも、参加している低学年の方々は冬の陣のトーナメントを勝ち進むことを「目標」にしてしまっていませんか?

もちろん、そうではない方もいると思いますが、無意識のうちに冬の陣をモチベーションにしてしまっている方もいるのではないでしょうか。

GMのメンバーみんなで努力をして、トーナメントを勝ち進むことを目指すのは素敵ですし、ぜひとも王者の座を勝ち取ってほしいです。

でも、皆さんが目指すべきはもっと先、第一志望合格です!!

冬の陣で優勝を目指すのは、第一志望合格への「過程」です。

今の勉強のペースも、冬の陣が終わった途端に減速してしまったら意味がありません。

「目標」を間違えた勉強は、100%身につくとは限らないのです。

冬の陣が終わった後、これから自分はどうなりたいのかそのために自分はどうするべきなのか、一度考えてみましょう!

 

★春休みにしたいこと★

合気道の合宿が終わったら、最近あまり触れていなかったベースの練習をしたいです!

指の運びがぎこちなくなっていると思うので、前のように弾けるように戻したいですね。

 

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45

 

法政大学社会学部 一年 黒田英里馨