ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2017年 11月 22日 あの模試の意外なメリットとは? ~大槻先生~

 

 

Hello, everyone!

Let me talk about trial examination.

 

はい、ということで改めましてこんにちは!黒田先生からご紹介にあずかりました大槻です!本日の1限の授業では、冒頭のような感じで毎回英語のスピーチがあります。基本的には自分の好きなトピックについて話せるので、英語力アップかつ周囲のものにアンテナを張る良い機会になりますよ!

 

さてさて、話を本題に戻しましょう。

 

早いもので今年も残すところあと1カ月とちょっと。ですが、黒田先生が言っていたようにこの冬もイベントが盛りだくさん!そんなイベントのスタートとなるのが、明日の有名・難関大模試でございます。

センター試験よりもハイレベルなこの模試。生徒のみんなからは、こんな声があがっています。

 

 

「いや、難しすぎない??こんなの解けなくない??」

「解けないのに受ける意味あるんですか??

 

 

“受ける意味あるんですか?” 待っていましたよその言葉。今回は、その声を代弁してくれるゲストの仁科くんをお招きして、質問に答えていきましょう!

 

仁科「せんせー、今回の有名・難関大模試、受けなくてもいいですか~?」

大槻「なんで?!具合でも悪いの?仁科くん」

仁科「いやー、自分は難関大模試受けるんですけど、どうも難しすぎて解けないんですよ。だからいいかなって思って」

大槻「なるほどね。でもね、実はこの有名・難関大模試を受けるメリットって実はとても多いんだよ。今から説明していくね。」

仁科「は~い」

大槻「いつも受けているセンター試験本番レベル模試との大きな違いは、記述式の問題が出てくるところだね。生徒のみんなが難しいと感じるポイントはズバリここでしょう。でも、みんなが目指す大学の入試って、ほとんどがセンター試験よりも難しい問題だよね?そして、出題形式はそれぞれ違えど必ずと言っていいほど記述の問題がでてくる。なので、常にこうした問題に対応できるように練習しておくことが必要なんだ。」

仁科「へぇ~、そうなんですね~。」

大槻「しかも、記述式の問題を自分で採点をするのって結構難しいよね。どこまでが合っていてどこまでが間違いなのか、自分では判断できないところもしっかり採点されて返ってくるので、採点の基準をしっかり理解することも可能なんだよ。」

仁科「でも、過去問を自分で解けば良くないですかぁ~?」

大槻「うん、確かに自分の志望校に合格するために一番大切なのは過去問演習だね。でも、受験当日って得た知識をそのまま使えるとは限らないよね。室温や隣の人との距離、試験中の独特な空気など、実力をうまく発揮できない様々な要因があるんだ。そういったものに日頃から慣れておかないと、試験当日パニックに、なんてことにもなりかねないからね。この、試験の独特な空気感を自分のものにする練習でもあるんだよ。

仁科「あぁ~、なるほど。」

大槻「さらにさらに、その日までに何点くらい取れるようにしておこうとか、次までに何点上げられるようにしようとか、自身の目標設定の場としても活用できる、とってもお得な模擬試験なんだよ!まとめると、①センターでは出てこない、記述式の問題が出題されること②記述の採点の基準をしっかりと把握できること③試験本番の空気感を自分のものにできること、これこそが、この模試の醍醐味なんだ。」

仁科「そうなんですね。僕、なんだか今回の有名・難関大模試受けたくなってきました!申し込みます!!」

大槻「おっけい!受験当日まで残り数か月だけど、しっかり自分のものにするんだよ!!」

 

このように、有名・難関大模試には皆さんが知らないようなメリットが盛りだくさんです!必ず受験して、ぜひ試験本番に生かして下さいね。

 

2018年 大学入試センター試験まで あと 51

★NEXT BLOGER is…
 
鬼塚先生!
 
鬼塚先生は、僕の高校の後輩でもある先生です。
その名前とは裏腹に、とても優しく生徒思いで、現役時代に二度のインフルエンザを発症しながらも、受験を闘いきったレジェンドでもあります。
体調を崩してしまったとき、不安で胸が押しつぶされそうになったとき、彼のもとに足を運んでみてください。彼の伝説級の力を、皆さんも授かることが出来るでしょう。
 
 
それではこれにて!
 
早稲田大学教育学部 英語英文学科二年
大槻 陸
 
★明日の開閉館時間
 
終日利用不可(有名・難関大模試のため)

 

 

2017年 11月 21日 4日間で最高の結果を~黒田先生~

こんにちは!先日、合気道の昇級審査に合格しました、黒田です!

次の審査に合格すると帯の色が変わるので楽しみですo( •̀ω•́   )〇!!

 

 早いもので、もうあと一週間ほどで11月も終わりますね。
11月が終われば、当然ながら12月になるわけで。
12月ということは2017年がもうすぐ終わってしまうわけで…
 
時間がないΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)!!
 
受験生はセンター試験、新高3生&新高2生はセンター同日体験受験、それぞれの前にある最後の模試です。
 
まさに背水の陣 ですね。
ここまで来たら、もう迷っている暇はありません。
それぞれの目指す先に自信を持って向かえるよう、今やれる最大限のことをこなしていきましょう!
 
 
さてさて、本題はここからです。
新高3生以下の方々は、年末にBIG EVENTがありますね!!
 
クリスマス?大晦日?
いいえ、違います。
 
12月模試?
うーん…それも大事(とても大事!!)だけど、もっと大きなイベントです!
 
そう、冬期合宿です!!!
 
皆さん、一度は耳に挟んだことがあるのではないでしょうか?
東進の合宿は年にあり、の合宿高3生対象。の合宿新高3生以下の方々が対象となります。
 
今回はの合宿ということで、新高3生以下の方々のためのものです!!
 
実は、私も二年前の冬に参加しました!
 
 今年は12/26~12/293泊4日で、山梨県富士山麓の会場で行われます!
バスを降りた瞬間から間近に見える富士山は圧巻ですよ!!
 
そういうわけで、今回は冬期合宿のオススメポイントについて話します!
 
この合宿では、主に3つの力を強化することが出来ます!!
 
①受験英語の基礎力
 
この合宿では、まず自分の学力に合わせたクラスに振り分けられ、そのクラスで授業やテストを受けることとなります。
そして受験英語の基礎部分の全てを徹底的に学習することになるため、この4日間で自分の苦手分野を見つけ、補強させることができるのです!!
こんなに短期間で一気に基礎をおさらいできる機会は、この合宿くらいですよ!
 
②集中力
 
ご想像の通り、この合宿では英語漬けの4日間を過ごします。
やはり英語の力を伸ばして帰りたいので、皆は授業や自習の時間だけでなく、休み時間も勉強します。
そして、ご飯の時間ではご飯が机に並ぶ前も勉強をし、ご飯は15分で済まして、余った時間も勉強します。
こんな話を聞くと怖気づいてしまう人もいるのではないかと思いますが、もちろん効果は抜群です。
圧倒的な勉強量をこなすことで、時間の使い方や自分なりの勉強方法、そして何より、勉強に喰らいついていく集中力を得ることができます!!
また、チームの仲間(詳しくは後で!)と一緒に勉強するので、必要以上に思いつめることはなく、最後まで自分の限界と向き合いながら乗り切ることができました!!
 
③目的意識力
 
 皆さんは普段の受講後の確認テストや修了判定テストで、100点SS判定を目指して学習できていますか?
そして、100点SS判定を結果として出せていますか?
 
この合宿では、とにかく皆「満点」を目指して勉強します。
純粋に高得点を取りたいというのもありますが、もう一つ理由があるんです。
 
クラス内で自分が所属するチームのメンバーと一緒に、他のグループのライバルたちと競い合うからです。
この競争でのチームの平均点の順位によって授業を受けられる席が決まり、点数が高いチームほど教室の前の方の席になるのです。
やはり、英語を強化したいという目的があるからには、授業はできるだけ先生に近い席で受けたいですよね。
 
そういうわけで、私も合宿中のテストは全力で挑みました。
全部で8回あったのですが、6回目までずっと高得点は取れたのですが、満点は取れず…。
回数を重ねるごとに周りの生徒が満点を取っていき、残りのテストの回数も後わずかになってしまったことで、焦りというより悔しさを強く感じました。
 
 そんなとき、机に貼ってあるカードにはあの名言が…
「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」
 生まれたときから何十回と耳にしたことがある、あの名アニメの名台詞が、こんなにも沁みることは無かったと思います。
この名言を心に、次のテストも全力で挑んだ結果、次のテストで満点を取ることができました!
この合宿で、「満点」という目標に向けて全力で勉強することの大変さ、そして目標を達成できたときの嬉しさをいまだかつて無いほどに感じることが出来ました。
 
以上が、私が合宿で強化できたと感じたものです。
 
先日、武蔵小杉で公開授業を行ってくださった渡辺克彦先生は、難関大学合格のための布石として、
「英語は高2の3/31までにケリをつけろ!!」
 とおっしゃっています。
 
今のままで間に合いますか??
 
 少しでも不安に思ったのなら、校舎にいるスタッフに冬期合宿について聞いてみてくださいね!
 
また、合宿の申し込みに悩んでいる皆さん、今頑張れなくて、いつ頑張れますか??
受験に対する心構えを見つめ直してみてください!
 
皆さんのお申し込みをお持ちしております!!
 
 
NEXT BLOGER is…
大槻先生!!
 
大槻先生は早稲田大学教育学部に通う先生で、体育祭や文化祭などの学校行事が盛んなことで有名な多摩高校で、部活行事勉強の3つを全力でこなした方です!
そして、センター試験当日インフルエンザを発症しながらも見事に戦いきった方でもあります。
そんな大槻先生のブログ、見ないわけにはいきませんよね!!
 
それではこれにて!
 
法政大学社会学部 一年 黒田英里馨

 

2017年 11月 20日 時間を最大限に活用しよう~高橋先生~

こんにちは、高橋です。
最近とても寒いですね…しっかり暖かくして、風邪をひかないように気をつけましょう。

さて、センター試験まで残り60日を切り、時間が足りない、と焦っている受験生も多いのではないでしょうか。

しかし!
残された時間はすべての受験生に平等です。
最大限活用してみませんか?
最近「東進から帰った後、家で勉強していましたか?」と聞かれることも多いので、本日は学校や塾以外の時間の活用法についてお話ししたいと思います。

①朝の時間
試験本番も朝は早く起きて会場へ向かうことになりますし、「朝に慣れる」という意味でもオススメです。まだまだ早起きができていない…という人は是非活用してみてください。
お布団が恋しくなる季節なので、タイマーで暖房をセットしたり、防寒具を手の届くところに置いておくことをオススメします。

②帰宅後
私は家の机でなかなか集中できなかったため、がっつりとした演習などはしていませんでした。
その代わり、リビングの机で世界史をぶつぶつ言いながら覚えたり、洗面所の鏡に文学史のプリントを貼ってドライヤーをしながら眺めていました。
手軽に手に取れる暗記モノを手に届く範囲に置いておくといいですよ!

③寝る前
一番記憶が定着しやすいのは寝る前の時間だそうです。
その日に勉強した範囲の世界史のテキストを読み返したり、現代文の過去問を読み返したりしていました。
ストレスになり過ぎないように10分以内終わらせて睡眠時間に影響がないようにしましょう。

いかがでしたか?
もちろん家でも学校でも塾でも勉強漬けになると疲れもストレスも溜まってしまいます。
なので、家では暗記モノなど気楽に取り組むといいと思います。

また、家での適度な娯楽(私は録画した好きな番組を見る)や家族とコミュニケーションを取るのもとても大切ですよ!
 


 2018年 センター試験まであと54日
 
★NEXT BLOGER IS…
黒田先生

黒田先生は生徒の時に夏休みの在校時間ランキング1位を獲得した努力家の先生です。
東進コンテンツも最大限に活用していた黒田先生のブログをお楽しみに!

早稲田大学 教育学部 1年 高橋美貴

 

2017年 11月 19日 幸せになるために ~佐藤先生~

 

こんにちは、佐藤です。

昨日の服部先生の紹介で、「為になる話」をすることになりました。

準備していた話題は違うのですが・・・

それはまた、次の機会でお話しすることにしましょう。

 

最近は低学年向けのお話が続いていたので、今日は受験生向けの話をしましょうか。

受験生の皆さん。勉強お疲れ様です。去年の今の時期は私自身が受験生だったので月日の流れは早いなあとしみじみ思います。

 

さて、皆さんに質問です。

「なぜ今勉強しているのですか?」

 

これは昨年私が常に心の中に抱いていた疑問です。

「なぜ今勉強しているのか?」「どうして私は大学受験をしているのか?」

勉強が嫌になったとき、現代文の点数がなかなか伸びなかったとき、

よくこのように考えていました。

 

テレビでは受験関係のCMが増え、推薦で大学が決まった友人の楽しそうな顔を見て

受験生でいること、勉強することが嫌になり、

「受験を辞めよう。」

と何度も思いました。

 

ですがそれと同時に

「受験を私の今の生活から取ったら何も残らない。」

と思ったのも事実です。

そこで私は

「勉強を続ける」

という選択をしました。

 

先ほどの質問に答えるならば私は、

「今の自分には勉強しかないから」

といいます。

 

みなさんはこの質問にどのような答えを出しますか?

 

勉強が嫌になったり頑張ることに疲れてしまったときに

この質問を考えてみて下さい。

 

実際に受験をやってみて思ったのは

世間が思っているほど受験は美化できるものではない、綺麗ごとの世界ではないということ

努力が必ず報われるわけではない、残酷な世界だということ

です。

けれど、私は勉強し続ける覚悟ををしてよかったと思っています。

 

受験生の皆さんはこの先の1,2ヶ月が一番つらい時期になってくるでしょう。

その辛いときにどんな選択をするかはみなさん自身が自分で決めることです。

そして、時には肩の力を抜くことが今まで頑張ってきた皆さんには必要でしょう。

 

今年の1年間に関わらず、人生は選択の連続だと私の高校の先生はいいました。

皆さんはこの先たくさんの「選択」をするでしょう。

その際に自分がどうしたいのかを良く考えてください。

 

一番大切なのはみなさんが「幸せ」であることですので。

 

明日のブログは

高橋美貴 先生

にお願いします。

 

いつも穏やかな美貴先生は心の中で何を思っているのか・・・

楽しみですね☆

 

今日はこの辺で失礼します。adios!

早稲田大学 法学部1年 佐藤小百合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 11月 18日 生まれつきの才能は本当に必要なのか~服部先生~

 

昨日、東大の江田先生から激アツな紹介をしてもらいかなり喜んでいる服部です。

江田先生の期待に是非お答えしたいのでなるべく論理的な展開をしたいと思います。

 

 

さて本題です。

僕は4月から大学で心理学の授業を履修しています。最近、の能力や認知機能に関する授業を受けたので

「受験において才能は必要か」

について話したいと思います。

 

皆さんは…

「自分には才能がないからこれをやるのは無理だー」

と何かを諦めたことはありませんか?

 

恐らく何かを始めようと思って少しやってみたけど才能が無いという理由でそれをやめた人は意外と多いと思います。

 

だからこそ多くの人は「出来るやつにはみんな才能があるんだよ」とか「才能が無いと何もできない」と言います。実際に中国では生まれたばかりの子供のDNA検査をしてその子供にはどんな才能があるかを調べるというのが流行っています。

 

しかし僕から言わせてみれば「出来るやつにはみんな才能があるんだよ」と言うことは…

同じようなことをつぶやく周囲の残念な人間に自分を合わせてしまうことと同義

です。

 

そのように周りに流されてしまうと自分の人生を棒に振ることになります。

あなたは必ず自分のなりたい自分になれるはずなのです。

周りの人間に流されるふりをして逃げてはいけません。

 

ではここで質問です。

あなたが以前何かを諦めた時、それが出来なかった原因は本当に才能が100%だと思いますか?

問いかければ答えはすぐに見えてくるでしょう。

 

答えは…

「時間が十分に足りなかったから」

です。

 

心理学的な研究によると、

ほとんどの分野におけるエキスパートは

生まれ持った能力以上に

「動機づけ」や「良く考えられた練習」

によって得られた能力の方が重要である

という研究結果が出ています!!!!!

 

「良く考えられた練習」とは最適な困難と内容の課題を繰り返すことです。またその練習の成果を自身でフィードバックすることでさらに能力が向上します。いわゆる厳しい訓練とは成功を得るための鍵なのです!

実際に統計を取ってみると一流のプロや優秀な人ほどより長時間にわたる練習をしているそうです。

 

前回のブログでも言った「自分にとって何が足りないのか」を考え、それを実行することは「良く考えられた練習」を行うことと同じです!

多くの人は自分には無理だと思って志望校を変えたり、受験科目を減らすなどのことをしますが十分に勉強をすればどんな科目でも出来るようになるのです!

つまり…

「何かをやるのに才能などいらない」のです!

どうかそのことを忘れないでください!

特に高1、高2生は今から「良く考えられた勉強」をすれば自分が目指す志望校に十分に到達可能です。それをしっかりと心に刻んで日々の勉強に励んでください。

 

最近、僕は大学のチェスサークルに入会し、チェスを始めました。もちろん始めたばかりなので全く勝つことが出来ません…

しかし、僕は諦めずにやり続ければしっかりと結果が出ることを受験を通して知ったので(特に数学、物理、化学がそうだったので)

チェスを全く諦めるつもりはありません!

必ず強くなってみせます!

 

 

皆さん…

諦めたくなった時が踏ん張り時です!!!!!

ぜひ諦めずに頑張ってください!!!!!

 

 

明日のブロガーは…

佐藤先生

です!

 

佐藤先生といえば

「私、失敗しないので」

というあの名ドラマの名台詞でおなじみの人ですね!

そんな失敗しない人の為になる話が聞けるといいですね!

 

明日がとても楽しみです!

 

慶應義塾大学 理工学部1年 学問2 服部航大